弾丸フライヤー

わずかな休みを逃さず世界を飛び回る、無類の旅好き夫婦がつづる「羽ばたく人のためのトラベルメディア」です。個人メディアとしては日本最大級の航空ニュースサイトに成長。航空ニュースと弾丸旅行記、旅行TIPS集を3本柱に、旅にまつわるさまざまな話題を発信しています。


LCC(格安航空会社)ピーチ・アビエーションの井上慎一CEO(最高経営責任者)がバニラエアの社長を兼務する人事が決まった。ANAホールディングス内のLCC再編により、2019年度末(2020年3月)をめどに予定するピーチとバニラエアの統合準備を加速させる。バニラエアの取締役副社長もピーチの森健明(もり・たけあき)取締役副社長が兼務。11月2日のバニラエア臨時株主総会と取締役会で正式に決まる。

peach_vanilla

18年度中にANAホールディングスが100%保有するバニラの全株式をピーチに売却し、機材の移管に向けてバニラの機材をピーチ仕様へと改修も進めていく。両社のネットワークやブランドを融合して競争力を高め、2020年以降、新生ピーチとして50機超の機材、国内外計50以上の路線で日本とアジアを結ぶ計画。

両社の売上高を合算すると、18年3月期で876億9000万円(ピーチ:547億4000万円、バニラ:329億5000万円)。20年度には売上高1500億円、営業利益150億円と急拡大を予定する。中距離路線にも積極的に進出し、「アジアを代表するリーディングLCC」を目指す計画。ANAホールディングスはLCC事業について「これまで同様、経営の独自性を尊重しながら、ANAグループ全体の事業領域の拡大により収益の最大化を図る」とコメントした。

ピーチとバニラの統合により、日本のLCCは新生ピーチとジェットスター・ジャパンの2強の構図が完全に固まる。ジェットスターは着々と路線を拡大しており、国内の競争も激しいが、アジアを見渡すとエアアジアグループなど、さらなる巨艦と対峙することになる。新会社はスピーディーな垂直立ち上げが望まれる。

■関連記事:
ピーチの18年3月期は初の減益決算。路線拡大で売上高は最高の547億円」(2018年6月27日公開)
ジェットスター超えで国内LCC首位へ!ピーチとバニラエアが統合を決断」(2018年3月17日公開)

北海道の翼AIRDO(エア・ドゥ)とJR北海道が、初めてタイアップした。最大震度7を観測した9月6日の北海道胆振(いぶり)東部地震からの復興を目指して手を携える。

airdo


今回発売するのは、「AIRDO20周年ひがし北海道フリーパス」と「AIRDO20周年きた北海道フリーパス」。AIRDOとJR北海道はともに「元気です 北海道/Welcome! HOKKAIDO, Japan.」キャンペーンに参加しており、AIRDOが12月20日で就航20周年を迎えることも記念し、初のコラボ商品を企画した。

いずれも11月1日発売で、販売期間は来年3月31日まで。JR北海道の特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席がフリーエリア内に限り、乗り降り自由となる。料金は「ひがし北海道フリーパス」が大人1万5500円(子供半額)、「きた北海道フリーパス」は大人1万2500円(子供半額)だ。

airdo_freepass

購入はAIRDOの搭乗日当日に限って購入可能で、搭乗時に手渡される「ご搭乗案内」を以下の場所で提示する必要がある。

ひがし北海道フリーパス
新千歳空港駅(新千歳空港到着便)
旭川駅ツインクルプラザ旭川支店(旭川空港到着便)
帯広駅ツインクルプラザ帯広支店(帯広空港到着便)
釧路駅ツインクルプラザ釧路支店(釧路空港到着便)
北見駅・網走駅(女満別空港到着便)

▼きた北海道フリーパス
新千歳空港駅(新千歳空港到着便)
旭川駅ツインクルプラザ旭川支店(旭川空港到着便)

搭乗期間は、ひがし北海道フリーパスが来年4月5日までの5日間、きた北海道フリーパスが来年4月4日までの4日間。

12歳以上25歳以下の乗客向けに、「AIRDO20周年ひがし北海道フリーパスU25」を1万2000円、「AIRDO20周年きた北海道フリーパスU25」を1万円で発売。購入する際は「ご搭乗案内」の他、年齢確認できる公的証明書(健康保険証、運転免許証)を提示する必要がある(コピー不可)。忘れた場合は購入できない。

旭山動物園が無料、施設特典も

フリーパスでは様々な特典が付いてくる。

旭山動物園の入園券と旭川駅前から旭山動物園までの往復バス乗車券がセットになっている他、旭川空港と旭川駅前(旭川電気軌道・ふらのバス)、帯広空港と帯広駅前(十勝バス)、釧路空港と釧路駅前(阿寒バス)の空港連絡バスが特別価格で利用できる。

また、以下の施設でフリーパスを提示すると、次の特典が受けられる。

IMG_7763

ひがし北海道フリーパス
▼おさんぽカフェ(新得町)
・特製豚丼注文でアイスサービス
・かけそば注文で玉子サービス
▼オーチャードグラス(弟子屈町)
・特製プリン半額(通常200円→100円)
▼シンラ(知床自然ガイドツアー、斜里町)
・アクティビティ申し込みでSHINRAオリジナル粗品プレゼント(申し込み時要申告)
▼オホーツク流氷館(網走市)
・入館料割引(通常大人750円→680円)
▼博物館 網走監獄(網走市)
・入館料割引(通常大人1080円→970円)
▼流氷観光氷砕船(網走市)
・乗船料割引(通常大人3300円→2970円)
▼根室交通(根室市)
・納沙布線往復乗車券(根室駅前バスターミナル〜納沙布岬)または路線バスフリー乗車券(1日または2日間)購入で根室十景ポストカード(2枚1組)プレゼント

きた北海道フリーパス
▼旭川駅立売商会(JR旭川駅構内売店、旭川市)
・弁当購入で紙パック茶プレゼント
▼三浦綾子記念文学館(旭川市)
・入館料割引(通常700円→500円)
▼駅前交流プラザよろーなSHOP(名寄市)
・1000円以上購入で200円割引
▼駅前交流プラザよろーなカフェ(名寄市)
・飲み物1杯サービス
▼名寄ビヤシリスキー場(名寄市)
・リフト1日利用券10%割引
▼ニュー温泉閣ホテル(豊富町)
・入浴料割引通常500円→300円
▼明田鮮魚店(稚内市)
・2000円以上購入で金額に応じて特産品をプレゼント
▼国稀酒造(増毛町)
・購入者におちょこ1個プレゼント

レンタカーも割引、給油不要に

また、台数に限りはあるが、ジェイアール北海道レンタリースのレンタカーが「Sクラス」24時間5000円、「Aクラス」24時間6500円で借りられる。返却時のガソリン給油も不要だ。

対象営業所は、「ひがし北海道フリーパス」が旭川、北見、網走、帯広、釧路、「きた北海道フリーパス」が旭川。25歳以下は「4WD指定無料」「FMトランスミッター無料貸出」「ドライブマッププレゼント」の各特典が付いてくる。レンタカーの予約はこちらから。

その他、フリーパス購入者限定で素敵な商品が当たるプレゼントキャンペーンを実施。詳細は11月1日ごろにオープンする専用サイトで発表する予定だ。

震災からの復興はまだ緒に就いたばかりだ。一連のキャンペーンを通して、北海道は「元気です」と発信し続ける。

■関連記事:

※航空各社は支援に動いている
1席当たり600円を寄付!エアアジア・ジャパンが北海道応援キャンペーン。特別運賃も」(2018年10月2日公開)

今年も名物キャンペーンが帰ってくる。サンタのコスチュームを着て搭乗すると、特別運賃で搭乗できるという、天草エアラインの「サンタこす割」だ。

今年の搭乗期間は11月22日〜12月25日まで。「お約束」さえ守れば、

天草ー熊本:3000円
天草ー福岡:3000円
熊本ー伊丹:5000円
となる。

真面目にサンタクロースになろう

お約束ごととは、以下のチラシに凝縮されている。

santa


▼サンタ帽をかぶるべし
▼サンタの衣装を着るべし(上着+ズボンまたはワンピース)
▼靴は自由(制約はなし)

注意点として、トナカイ、クリスマスツリー、プレゼント箱などサンタクロース以外をイメージした衣装、サンタエプロンのみ、サンタのマントやガウンのみの着用は対象外。さらに防寒コートなどでサンタコスをしているか確認できない場合は利用できない。つまり、割と大真面目にサンタクロースの格好をしなければ、利用できないのだ。1便当たりの販売座席数には限りがあるので早い者勝ちだ。

サンタコスに身を包むのは、出発空港の搭乗手続きから到着空港の到着出口までとなる。利用希望日の前日(9時~18時)までの予約が必要で、特設ページの下段にある「サンタこす割専用申込書(PDFファイル)」をダウンロードしたうえで記入。天草エアライン予約センターへFAX(0969-57-6015)で申し込む。

予約完了後、FAXでの返送または電話で予約センターから連絡があり、航空運賃は搭乗手続きの際に、衣装を係員に見せた後に現金またはクレジットカードで支払う。予約の変更やキャンセルは、天草エアライン予約センターへ電話(TEL:0969-34-1515)する必要がある。

450年前からクリスマス

天草地方では約450年前からキリシタンたちがクリスマスを祝い続けてきた歴史があり、「サンタクロースの聖地」で町おこしを進めている。それがこの「サンタこす割」という企画の原点だ。天草エアラインは「ぜひサンタになって、楽しいひと時をお過ごしくださいませ。ご利用お待ちしております!!」とコメントしている。

熊本県の天草地方は長崎県とともに今年、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に認定された。古式ゆかしい信仰の町にサンタとして降り立ってみてはいかがだろうか。

■関連記事:
サンタ姿で割引の深イイ理由。天草エアラインの「サンタこす割」は服装の基本をチェック!」(2017年10月20日公開)

関空の中国線で冬ダイヤ(10月28日〜19年3月30日)、増便が進む。中国国際航空(エアチャイナ)グループの山東航空(Shandong Airlines)が28日から関西ー済南線を1日1便追加し1日2便に、天津航空(Tianjin Airlines)も関空ー天津を1日2便に増やす。

Shandong_Airlines
(山東航空のボーイング737-800型機/Wikimedia)

山東航空は1994年に設立。山東省済南を本拠地とし、関空ー済南ー昆明線を毎日1便運航している。この路線はもともと13年10月に関空ー済南線として開設、16年9月に昆明まで路線を延ばした。今冬ダイヤから関西ー済南の直行便を1日1便加え、関空ー済南間は1日2便化する。引き続き、山東航空の単独路線で、機材は164席のボーイング737-800型機(ビジネスクラス8席、エコノミークラス156席)。運航スケジュールは以下の通り(増便分は赤字)。

■関空→済南
便名:SC8844
運航日:毎日(16:10発 18:20着)
便名:SC8088
運航日:毎日(21:45発 23:45着)


■済南→関空
便名:SC8843
運航日:毎日(11:25発 15:10着)
便名:SC8087
運航日:毎日(17:00発 20:45着)


一方、天津航空は15年5月15日に関空に初めて乗り入れた。関空ー天津線は当初週2便だったが、同年6月18日から週5便に増便。夏ダイヤは毎日1便まで増えていた。さらに1日1便増やし、1日2便態勢となる。運航スケジュールは以下の通り(増便分は赤字)。

■天津→関空
便名:GS7977
運航日:毎日(08:10発 11:45着)
便名:GS7979
運航日:毎日(13:15発 16:45着) 


■関空→天津
便名:GS7978
運航日:毎日(13:00発 15:15着)
便名:GS7980
運航日:毎日(18:00発 19:50着) 


関空には冬ダイヤから、厦門航空が関空ー杭州線を週5便で開設する。中国からのインバウンドはますます増えそうだ。

■関連記事:
厦門航空が関空ー杭州線に週5便で参入!4社競合の激戦区に」(2018年10月28日公開)

中国・浙江省の省都、杭州。関西空港発着便が激戦区の様相を呈してきた。中国の厦門航空(Xiamen Airlines)が冬ダイヤの開始に合わせ、28日から関空ー杭州線を週5便で開設。同路線はANA(全日本空輸)が毎日1便(週7便)、中国東方航空、北京首都航空が週2便ずつ運航中。厦門航空の参入により、週16便にまで増える。

xiamenair

厦門航空にとっては、厦門、福州に続く関空3路線目。機材はボーイング737-800型機で、以下の運航スケジュールを予定している。

■関空→杭州
便名:MF8628
運航日:月・火・水・金・日(13:35発 15:25着)

■杭州→関空
便名:MF8627
運航日:月・火・水・金・日(09:30発 12:35着)

関空では冬ダイヤ、山東航空の済南線、天津航空の天津線がそれぞれ増便され、中国路線が増強される。厦門航空といえば、8月にフィリピンのマニラでオーバーランし、長時間にわたる滑走路の閉鎖という事態を引き起こしたことが記憶に新しい。しかし、中国では有力な航空会社であり、日本と中国を結ぶ架け橋として安全運航に努めてほしい。

■関連記事:
関空で中国線増便着々!山東航空が済南へ、天津航空は天津へ1日2便化」(2018年10月28日公開)
廈門航空がマニラでオーバーラン。滑走路閉鎖で日本行きも欠航続出。JALも大幅遅延に」(2018年8月17日公開)
欧州と中国間で4社共同運航!エールフランス×KLM×中国南方×廈門航空」(2018年7月23日公開)

JAL(日本航空)が成田空港の国際線ラウンジをリニューアルする。本館3階、4階のファーストクラスラウンジ、サクララウンジを一時閉鎖し、19年秋ごろに再オープンする計画だ。

jal_nrt_lounge

リニューアル工事は2段階に分けて実施。第1期工事は11月1日から19年春ごろまでで、本館4階の現ファーストクラス・サクララウンジエリアを閉鎖して工事する。この間、搭乗客は本館3階のファーストクラスラウンジと本館2・3階のサクララウンジ、サテライト側ラウンジ(ファーストクラスラウンジ・サクララウンジ)を使うことになる。

第2期工事は19年春ごろから19年秋ごろにかけて実施し、本館3階の現ファーストクラスラウンジを閉鎖する。この間、搭乗客はリニューアルを終えた本館4階のファーストクラスラウンジと本館2・3階のサクララウンジ、サテライト側ラウンジを利用する。

リニューアルオープン日は、確定次第、JALのホームページで案内する予定だ。成田空港の2020年の東京五輪に合わせ、日本の空の玄関口のアップグレードが進む。

■関連記事:
JAL、ハワイのホノルルに第2サクララウンジ「ハレ」オープン!サーフアートでくつろぎ」(2018年8月18日公開)

青森空港と中国・天津を結ぶ直行便が冬ダイヤ期間中、週4便に増便される。

運航するのは、天津に拠点を置く中国の奥凱航空(オーケー航空、Okay Airways)。青森ー天津線はこれまで水・日曜の週2便だったが、10月28日から来年3月30日まで、月・火・木・土曜に乗り入れる。

okair
(青森ー天津線を増便する奥凱航空/Wikimedia)

奥凱航空は2015年12月31日に羽田ー天津線、16年1月15日に関空ー天津線をそれぞれ週2便で就航。天津ー青森線は日本3路線目として、17年1月16日に定期チャーター便として開設し、同年5月7日に定期便へと昇格させた。青森空港としては実に22年ぶりの国際線の定期便で、中国からのツアー利用が好調で、増便を決めた。

機材は、ボーイング737-800型機(180席)またはボーイング737-900ER型機(200席)。運航スケジュールは以下の通り。

■青森→天津
便名:BK2844
運航日:月・火・木・土曜(15:55発 19:05着)

■天津→青森
便名:BK2843
運航日:月・火・木・土曜(10:30発 14:55着)

経済効果は20億円?

ただし「北海道胆振東部地震の影響に伴う需給調整」を理由に、29日から12月10日に予定する25便のうち以下の12便は運休となる。

▼運休予定日
10月29日(月)、11月1日(木)、11月3日(土)、 11月6日(火)、11月8日(木)、11月12日(月)、 11月13日(火)、11月19日(月)、11月24日(土)、 11月29日(木)、12月4日(火)、12月10日(月)

青森県は奥凱航空の青森ー天津線による17年度の経済効果を19億6000万円と見積もっている。増便により、地方経済へのさらなる経済波及効果が期待される。

■関連記事:

北海道の翼AIRDO(エア・ドゥ)が就航20周年に合わせて制服を一新する。客室乗務員、空港旅客スタッフ、運航乗務員、整備士の4職種が対象で総勢約600人が一斉に“衣替え”し、20周年当日の12月20日から着用を始める。

AIRDOによると、4職種の制服を一斉にリニューアルするのは初めて。客室乗務員と空港旅客スタッフは10年ぶり、整備士は13年ぶり、運航乗務員は初めてのリニューアルとなる。

airdo20

共通するデザインのコンセプトは、北海道の翼にふさわしいオンリーワンを体現すること、そして業務パフォーマンスを最大限発揮できること。耐久性や軽量性、ストレッチ性などを兼ね備えた機能素材を使い、快適に作業しやすいように工夫した。

客室乗務員と空港旅客スタッフの新制服を手がけたのは、三越伊勢丹法人外商事業部のデザイナー。女性用が野田智子氏、男性用は岡義英氏で、落ち着きと品格を醸し出す「セミフォーマル」の中に、北海道の自然の美しさと躍動感を表現したという。

洗練と信頼のベースカラー

まず、客室乗務員のデザインからみていく。

女性のベースカラーは「洗練のシルバーグレー」と「信頼のダークネイビー」。機内の落ち着いた世界観に調和するフォルムで、品格のある襟元と翼をデザインしたポケットが特徴だという。

▪️ジャケットスタイル

airdo001

airdo002

ワンピースは2種類で、ボックスプリーツはシンボルカラー入り。 スカーフには北海道の雄大な自然「花・雪・海」をモチーフに3色をデザインした。

▪️ワンピーススタイル ネイビー

airdo003

airdo004

▪️ワンピーススタイル グレー×ネイビー

airdo005

airdo006

エプロンは、ラベンダー&グレーとグリーン&ネイビーの2種類で北海道の雄大な自然を表現した。 翼をイメージしたポケットデザインと、胸元とリボンのバイカラーがアクセントとなる。

▪️エプロンスタイル ラベンダー&グレー

airdo007

▪️エプロンスタイル グリーン&ネイビー

airdo008

一方、男性の客室乗務員は、ジェントルスタイルのジャケットにベストを合わせ、シャツはグラデーションコーデ。ワイドスプレットのエレガントなスタイルにクレリックカラーで爽やかさを添えた。袖口はシンボルカラー入りで、ネクタイは無地のネイビーとグレーのソリッドカラーの2種を用意した。

▪️ジャケットスタイル

airdo009

▪️ベストスタイル

airdo010

次に空港旅客スタッフ。女性のベースカラーは「親しみのAIRDOブルー」と「信頼のダークネイビー」。カットソーは、AIRDOブルーと輝くスノークリスタル柄の2種類。スカートは、足さばきの良い両脇ボックスプリーツでシンボルカラーがアクセント。 スカーフとコサージュは、北海道の「海と雪」をモチーフにデザインしたという。

▪️ジャケットスタイル

airdo011

airdo012


▪️カットソー&スカートスタイル

airdo013


▪️カットソー&パンツスタイル

airdo014

ワンピースは、ウエストバックルがポイントのバイカラーで、ボックスプリーツにはシンボルカラーを入れた。

▪️ワンピーススタイル

airdo015

airdo016

男性の空港旅客スタッフのジャケットは、爽やかで上品な印象に仕上げたという。シャツは、ボタンダウンのクレリックスタイルで、袖口にシンボルカラーを入れた。ネクタイは、AIRDOと一目でわかるスノークリスタル柄とネイビーの2種類だ。

▪️ジャケットスタイル

airdo017


▪️シャツスタイル

airdo018

オリジナルボタンも一新

客室乗務員と空港旅客スタッフのオリジナルボタンには、北海道の地図と社名ををデザイン袖にはAIRDOのロゴマークをあしらっている。

airdo019

運航乗務員のジャケットは、現行と同じくダブルに。一方、色彩は濃紺から黒に近い濃紺にあらため、シャープな印象に整えた。素材も軽量化、ストレッチや吸湿などの機能性を強化した。ウイル・マックスが制作協力した。

airdo020

airdo021

整備士の制服は、ブルーを主体に、胸と足にAIRDOのカラーを配し、背中には大きくAIRDOロゴを入れた。酷暑、酷寒での整備業務を想定し、ストレッチや吸水速乾など機能性を高めた。小林センイ、ユニチカトレーディングが制作協力した。

airdo022

airdo023

経営破綻を含め、AIRDOが歩んだ20年間はまさに激動だった。新制服は、新たな時代に向かって飛躍するとの願いが込められている。

JAL(日本航空)とベトナム最大のLCC(格安航空会社)ベトジェットエアが28日から共同運航(コードシェア)を始める。まずはベトジェットエア運航の4路線が対象で、さらなるコードシェアの拡大を目指す。

VJ

コードシェアするのは、
▼関空ーハノイ
▼ホーチミンーハノイ
▼ホーチミンーダナン
▼ハノイーダナン

ベトジェットエアの関空ーハノイ線は11月8日に就航し、日本デビューを果たす。ベトジェット エアはベトナム最大のLCCで、関空ーハノイ線を皮切りに12月14日に関空ーホーチミン、来年1月11日に成田ーハノイ線に乗り入れる。

コードシェア便の販売は23日から開始。ベトナム国内の3路線は28日からコードシェアを始め、関空ーハノイは11月8日の就航後に対象に加える計画だ。

今後は、これらベトジェットエアの新路線に加え、JAL運航便もコードシェアに加える可能性は高い。ANA(全日本空輸)がベトナム航空と資本提携している関係もあり、JALもベトナムのネットワークを強化している。いよいよデビューの時が近づいてきたベトジェットエア。日本市場にどんなインパクトを与えるのだろうか。

香港のフラッグキャリア、キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways)が25日、最大940万人もの乗客データに不正アクセスがあったと発表した。

FullSizeRender

不正にアクセスされたのは、乗客の名前、国籍、生年月日、電話番号、 eメールアドレス、住所、パスポート番号、IDカード番号、フリークエントフライヤープログラムの会員番号、カスタマーサービス上の注記、過去のフライト利用履歴。キャセイパシフィック航空によると、この他、有効期限切れのクレジットカードに403件、CVV(カードセキュリティ情報)のない27件のクレジットカードがアクセスされた。

一方で、個人情報の悪用やパスワードの漏洩は確認されておらず、不正アクセスがあったITシステムは運航管理システムとは全く別物で、フライトの安全性に影響はない、との声明を発表。原因の究明と調査を行い、不正アクセス遮断への対策を取ったという。

キャセイパシフィック航空のルパート・ホッグCEO(最高経営責任者)は「乗客の皆様にご心配をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。ただちに不正アクセスを遮断し、大手サイバーセキュリティ会社の援助を得て徹底的な調査を開始し、情報セキュリティ対策の一層の強化に取り組んでいます」とのコメントを発表した。

キャセイパシフィック航空は、香港警察や関係各所に被害を通知したうえで、専用ウェブサイト で情報や講じるべき対策を公開した。25日の午後1時半から、専用コールセンターも開設。また、infosecurity@cathaypacific.comに電子メールで問い合わせを受け付ける。

パスワードの漏洩はない、とのことだが、膨大な個人情報に不正アクセスされた事態は動かない。原因究明に努め、しっかりと対策を講じてほしい。

英国旅行業協会(ABTA)の「トラベルコンベンション」が初めて東京にやってくる。ANA(全日本空輸)とプリンスホテル、国際観光振興機構が連携して誘致。来年10月7〜9日にグランドプリンス新高輪で開催されることが決まった。

IMG_7547

英国旅行業協会は、ロンドンに拠点を置く英国最大の旅行協会。約1200社の旅行会社やツアーオペレーターなどが加盟している。「トラベルコンベンション」は年間最大のイベントで、旅行業界の最新トレンドに加え、政治、経済、IT、消費者動向など幅広いテーマを、著名なスピーカーによるプレゼンテーションやワークショップを通して学ぶ。毎年、英国外の欧州各地で開催されてきたが、初めて東京で開催される。

当日は、マーク・タンザー(Mark Tanzer)CEO(最高経営責任者)をはじめ、協会に加盟する旅行会社や英国メディア、ゲストスピーカーなど、総勢500人が来日する予定だ。

文化季間に突入

日本政府観光局(JNTO)によると、英国から来日した旅行者は昨年、約31万人に達し、欧州で最多を誇る。日本と英国は、2019年9月のラグビーワールドカップ開幕から20年8月の東京五輪にかけての1年間を「日英文化季間2019-20」とすることで合意し、英国で「日本文化季間」、日本で「英国文化季間」を同時開催する。

トラベルコンベンションはまさにその季間に当たり、英国の旅行業界の幹部らに、日本の歴史、伝統文化、食、自然などを体験してもらい、訪日需要の掘り起こしを目指す狙いだ。これから世紀の祭典へと突き進む日本。世界各国と親交を深めるチャンスである。

だーいぶ遅くなりましたが、先月23日に開催された「2018東急電車まつりin長津田」の画像をあげたいと思います。参加者の画像編集や諸事情により遅くなりましたが、2回に分けておおくりします。

IMG_1477

正真正銘の入場券。

IMG_1476

はじめてのこどもの国線利用。カラフルなシートがかわいい。

IMG_1478

イベント開催場所の最寄駅である恩田駅に到着。

IMG_1479

この日はイベントで多くの客が乗車するとあって、通常は2両編成の線ですが、4両編成で運行されていました。

IMG_1480

IMG_1481

改札は昼頃ですが帰宅するかたはすでに入場規制がかかっていました。

IMG_1484

入り口の正門ゲートにはこんな案内が。

IMG_1652

「がーん」みたいな顔をしているのるるん。

IMG_1485

受付で入場券を渡すと案内図とスタンプラリーの台紙をもらいました。

IMG_1487

スタンプラリー達成でなにかがもらえるようです。

IMG_1490

IMG_6299

IMG_1518


IMG_1517

よーくみるとオリジナルのヘッドマークにはちっちゃくのるるんも描かれていました。かわいい♪

IMG_1500

IMG_1504

ちょっと西武鉄道かとおもっちゃいました。

IMG_1510

ここも大人気で長蛇の列。

IMG_1512

ニョロと記念撮影。うしろの雑多な感じが好きです。
ニョロ「あ、あつい・・・」

IMG_1498

この日は最高気温が28度ほどまで上がり、この数日までの雨が嘘のようにやんでいた。

IMG_1513 3

ニョロもはちょっと元気なさげ。

IMG_1499

なにやらワチャワチャしていたので寄ってみる。

IMG_1501

えっ、こどもたちが入ったダンボール電車のことかとおもいきや、卓上のダンボール電車キットかい!こんな高いの?!

IMG_1505

IMG_1506

終電から始発の間の暗い中、石の取り替え作業もされているんですね。現業のみなさまお疲れ様です。

IMG_1515

男の子に大人気。

IMG_1514

つり革と記念硬券、さらには「東急百貨店」の文字が入った宣伝プレートも展示されていました。

IMG_1521

IMG_1528

IMG_1529

おや!

IMG_1532

いろんなところにのるるんが描かれていました。

IMG_1491

IMG_1542

IMG_1540 2

IMG_1541

IMG_1536

IMG_1538

IMG_1539

IMG_1543 2


IMG_1544

おじさんが、間も無くノッテちゃんが登場します。
「のるるんが時間繋ぎますんで〜」というと、のるるんはおじさんにツッコミ。
しかたなくもぞもぞ動くのるるん。
っとその瞬間・・・にょこっ!

IMG_1655

あっ、足がのびたーっwww

IMG_1657

のるるん「たのんだぞ」
ノッテちゃん「わたしもかえろうかな〜」

IMG_1658

のるるん側の車庫のシャッターが閉められる瞬間の2台(2人?)
カメラ目線ありがとう。

IMG_8670

のるるんがでかかったせいかノッテちゃんは意外とスリムな印象。

IMG_1596

写真撮影の際、ノッテちゃんが勢いよくつまに向かって来ました。
どうやら熱狂的なファンと思われた様子。
一瞬倒されるかとおもったくらいですwそう、先日のちょるる以来の圧でしたw

IMG_1546

ちょwこっちみんなw

IMG_1548

なんて他力本願。。。


韓国のLCC(格安航空会社)チェジュ航空(Jeju Air)が、イメージキャラクターとして起用する人気デュオ「東方神起」との契約を2年間延長した。

FullSizeRender

チェジュ航空は「アジアの韓流スター」として昨年5月にユンホ、昨年8月に除隊したチャンミンとそれぞれ契約を結び、積極的なプロモーションを展開してきた。

日本をはじめ、アジア市場の開拓に成果があったとみて、継続を決めた。契約の延長により、東方神起はイメージキャラクターを計3年間務めることになり、チェジュ航空の歴代モデルで最長となる。

チェジュ航空は関空を中心に日本路線を大幅に強化している。東方神起を目当てにチェジュ航空に乗る人はさらに増えそうだ。

ANA(全日本空輸)の機内食総選挙が今年も始まる。エントリーしたのは、中国・四国地方の食材を使ったご当地カレー。19日から28日まで人気投票を受け付け、メニューを決める。

ANAは2013年から毎年、総選挙を実施している。第6回目となる今回は、著名シェフなどでつくるANAの機内食チーム「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」のシェフらが中国・四国の9県の食材を使った9種のご当地カレーをプロデュースした。

機内食総選挙特設サイト(日本語英語)で人気投票を実施し、得票が多かった上位3つのメニューを、来年3月から日本発の国際線プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスで提供する。

特設サイトでは中国・四国地方の魅力やご当地カレーのレシピも紹介。中国SNS(新浪微博・微信)上でも投票できるようにする。特設サイトは以下の通り。

・当選メニューは、11月にフェイスブック、ツイッターなどANAの公式アカウントで発表する。対象路線などの詳細は来年2月ごろにANAウェブサイトで発表する予定だ。

エントリーしたのは以下のメニュー。

FullSizeRender

鳥取県
大山地どりのカツカレー
島根県
しじみご飯と野菜たっぷりカレー
広島県
ミツワソース入りドライカレー
岡山県
牡蠣醤油のシーフードカレー
山口県
長州どりの和風カレー
高知県
生姜入りキーマカレー
愛媛県
みかんカレー
香川県
小豆島オリーブ入りカレーピラフ
徳島県
フィッシュカツと蓮根カレー

ご当地色豊かな一皿。あなたはどれを選ぶ?

▪️関連記事:

帯広空港のAIRDO(エア・ドゥ)カウンターが20日、リニューアルオープンする。昨年6月の羽田空港、今年1月の新千歳空港の改装と同様、木目調の温かみのあるデザインを採用し、随所にピクトグラム(視覚記号)を配して視認性も高める。

IMG_7527

「どなたにも優しく、北海道らしい、機能的な空港カウンター」をコンセプトに、安心して立ち寄れる空港カウンターを目指すという。

オープン当日には1階のカウンター前でセレモニーを開き、2階の出発ロビー保安検査場前の待合室では、KENTARO OTSUKA(大塚賢太郎)氏によるミニライブも実施する。AIRDOのマスコットキャラクター「ベア・ドゥ」も出迎える予定だ。

IMG_7528

OTSUKA氏(写真上)は2004年から、ピアノでソロ活動を開始。北海道然別湖(しかりべつこ)コタンの公式イメージソングを担当するなど北海道とも縁が深い。17年4月から、AIRDOの機内ボーディングミュージックとして「明日という未来のために...」を提供している。

セレモニーは午前11時半から正午、ミニライブは午後1時半から2時まで。カウンターのリニューアルに伴い、10月16日から19日まで、改修工事を行う。

キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways)の日本支社が11月1日、旅客営業と貨物営業の組織を改編する。旅客営業部を東京・名古屋・大阪の3拠点に、法人営業部を東京の1拠点にそれぞれ統合・集約。貨物の営業支店は東京と大阪の2拠点に集約する。

IMG_7526

組織改編と合わせて人事異動も実施。日本、韓国、台湾の「北東アジア地区」を統括する営業本部長にはトニー・シャム氏が就いた。

新体制は以下の通り。

旅客営業・営業開発・マーケティング
▼北東アジア地区営業本部本部長                             トニー・シャム
▼日本支社旅客営業部統括部長
重村長門(しげむら・おさと)
※旧役職: 東京旅客営業支店支店長兼東日本統括
▼日本支社法人営業部統括部長                                廣岡匡紀(ひろおか・まさのり)
※旧役職: 大阪旅客営業支店支店長兼西日本統括
▼北東アジア地区営業開発部統括部長                     新田理(にった・おさむ)
※旧役職: 日本支社営業企画部部長
▼日本・韓国地区マーケティング・デジタルセールス部統括部長
蓑口寿生(みのぐち・ひさお)
※旧役職: 日本支社マーケティング部部長
▼日本支社カスタマーセールスセンター部長
吉田忍(よしだ・しのぶ)
※留任

貨物営業・営業開発・貨物サービス
▼日本・韓国地区貨物本部本部長                                 上羽秀一(うえば・しゅういち)
※旧役職: 日本支社貨物本部本部長
▼東日本貨物営業支店統括支店長                                 池松浩一(いけまつ・こういち)
※旧役職: 東京貨物営業支店 支店長 兼 東日本統
▼西日本貨物営業支店統括支店長                             小林隆郎(こばやし・たかお)
※旧役職: 大阪貨物営業支店 支店長 兼 西日本統括
▼日本支社貨物営業開発部部長                            吉村智光(よしむら・ともみつ)
※旧役職: 日本支社貨物営業企画部部長
▼日本支社貨物サービス本部統括部長兼成田空港貨物支店長
木脇研一郎(きわき・けんいちろう)
※旧役職: 日本地区貨物サービス本部部長兼成田空港貨物支店長

キャセイパシフィック航空によると、今回の組織再編は顧客ニーズにより迅速に対応できる販売体制を整えるためだという。日本のみではなく、北東アジア地区全体に目を配るポストを増やしたのが特徴だ。航空需要が拡大するなか、機を捉えて機敏に動けるか。

紛争、対立でいがみ合ってきたアフリカの隣国同士が、41年ぶりに空の便で結ばれた。

エチオピアの首都アディスアベバ(Addis Ababa)とソマリアの首都モガディシュ(Mogadishu)を結ぶ直行便を、エチオピアのナショナル・エアウェイズ(National Airways)が13日に開設した。

両国のフライトは、1977年にエチオピアのオガデンで始まった戦争(オガデン戦争、Ogaden War)で中断して以来。当面は週4便程度で結ぶ予定だ。

IMG_7520
(記念式典で就航を祝う関係者/Facebook)

エチオピアやソマリアはアフリカ東部にあり、その形状から「アフリカの角」と呼ばれているエリアで国境を接する。この地域は長年の間、領土をめぐって紛争が絶えず、エチオピアとソマリアは、ソマリア内戦でも多くの死者を出した。

FullSizeRender
(「アフリカの角」と呼ばれるエリア)

転機となったのは今年3月。エチオピアの首相にアビー・アハメド元科学技術相(Abiy Ahmed)が就任して以来、急速に和平交渉が進んでおり、政治情勢の変化が直行便を呼び込んだ形だ。

エチオピアはもう一つの隣国エリトリアとも紛争を繰り広げてきたが、9月16日、サウジアラビアのジッダで平和協定に署名し、国交を回復。ソマリアとエリトリアも7月30日、エリトリアの首都アスマラで会談し、国交を回復した。

エチオピア国営のエチオピア航空(Ethiopian Airlines)は7月、20年ぶりにアディスアベバとエリトリアを結ぶ直行便を再開しており、ナショナル・エアウェイズのモガディシュ線はそれに続く動きとなる。

IMG_7521

ナショナル・エアウェイズは2007年、アベラ・レミ氏(Abera Lemi)によって設立された民間の航空会社。アディスアベバのボレ国際空港を拠点としている。

アディスアベバ—モガディシュ線の就航を記念し、モガディシュのアデン・アッデ国際空港(Aden Adde International Airport)では記念式典が開かれ、アベラ・レミCEO(最高経営責任者)が「歴史的な日だ」と喜びを口にした。和平ムードを消さないよう、直行便を末永く育ててほしい。

羽田発の欧州深夜便が増える。ANA(全日本空輸)が来年2月17日から、羽田—ウィーン線を毎日1便で運航する。

IMG_7518

ANAにとってウィーンは欧州7番目、世界44番目の就航都市(貨物便のみの天津を含む)で、欧州路線は週112便に増える。来年は日本とオーストリアの国交樹立150周年に当たり、直行便が節目の年を彩る。

計画では、羽田を深夜に出発し、現地には早朝到着する。ウィーンで乗り継ぐことで、欧州の主要都市に午前中にたどり着ける。機材は215席のボーイング787-9型機(ビジネスクラス48席、エコノミークラス167席)を充てる。運航スケジュールは以下の通り。

▪️羽田→ウィーン
便名:NH205
運航日:毎日(01:55発 06:00着)

▪️ウィーン→羽田
便名:NH206
運航日:毎日(11:50発 翌06:55着)

ルフトハンザグループ便と接続

ウィーンは中欧、東欧への玄関口で、欧州における共同事業パートナーのオーストリア航空など、ルフトハンザグループ各社の便へ乗り継げば、欧州68都市へのスムーズにアクセスできる。ウィーンから高速鉄道などの地上交通を利用することで、中欧、東欧各都市への渡航がさらに便利になる。

ANAは羽田、成田の両空港から国際線ネットワークを拡充する「首都圏デュアルハブモデル」を進めており、ウィーン線はその一環となる。

日本とEU(欧州連合)間の経済連携協定が発効すれば、自由貿易が促され、ヒトやモノの交流がより拡大していくと見込んだ。さらに、欧州の中央にあるウィーンは、中欧、東欧における物流拠点でもあり、周辺地域も含めた貨物需要も取り込みたい考えだ。

ウィーンへの直行便は、オーストリア航空が成田—ウィーン線として週5便で運航している。羽田からの直行便はパートナーの路線を補完する意味合いもある。

航空券の予約・販売は10月22日から。羽田発のANA深夜発便といえば、現在、フランクフルト線しかなく、不便だった。ウィーン線が加わると、「目覚めれば欧州」という旅の選択肢が増える。歓迎したい。

▪️関連記事: