特典航空券が少しは取りやすくなるだろうか。

JAL(日本航空)が12月から新サービスJAL国際線特典航空券PLUS」を始める。その名の通り、これまでキャンセル待ちだった国際線の特典航空券も、マイルをプラス(追加)することで座席を確保できるようにする。

IMG_8786

特典航空券の予約に必要な基本マイル数は従来と変わらない(一部少なくした路線もある)が、座席確保に必要な追加マイル数は予測残席によって変動する。

IMG_8785

例えば、ホノルル線のエコノミークラス(片道)は基本マイルの片道2万マイルから最大11万4000マイルまで幅がある。

路線によって必要なマイル数は異なり、

韓国 (ソウル、プサン)
(エコノミー)7500マイル~3万4000マイル
(プレミアムエコノミー)なし
(ビジネス)1万8000マイル~4万8000マイル

アジア1(広州、上海、台北、大連、高雄、天津、北京、香港、マニラ)
(エコノミー)8500マイル~7万8000マイル
(プレミアムエコノミー)1万5000マイル〜7万9000マイル
(ビジネス)2万4000マイル~9万9000マイル

グアム
(エコノミー)1万マイル~5万9000マイル
(プレミアムエコノミー)なし
(ビジネス)2万2500マイル~9万マイル

アジア2(クアラルンプール、ジャカルタ、シンガポール、デリー、ハノイ、バンコク、ホーチミンシティ)
(エコノミー)1万2000マイル~9万3000マイル

(プレミアムエコノミー)2万5000マイル~9万4000マイル

(ビジネス)4万マイル~24万6000マイル

オセアニア(シドニー、メルボルン)
(エコノミー)1万8000マイル~7万4000マイル

(プレミアムエコノミー)2万5000マイル~8万4000マイル

(ビジネス)4万マイル~18万1000マイル

ロシア(モスクワ)
(エコノミー)1万7500マイル~12万8000マイル

(プレミアムエコノミー)2万5000マイル~13万7000マイル

(ビジネス)4万マイル〜26万1000マイル

ヨーロッパ(パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、ロンドン)
(エコノミー)2万3000マイル~14万1000マイル
(プレミアムエコノミー)3万5000マイル〜15万2000マイル
(ビジネス)5万5000マイル~39万1000マイル

ハワイ(ホノルル、コナ)
(エコノミー)2万マイル~11万4000マイル

(プレミアムエコノミー)3万マイル~12万3000マイル

(ビジネス)4万マイル~22万4000マイル

北米(サンディエゴ、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス・フォートワース、ニューヨーク、バンクーバー、ロサンゼルス、ボストン)
(エコノミー)2万5000マイル~13万5000マイル

(プレミアムエコノミー)3万2500マイル~14万4000マイル

(ビジネス)5万マイル~39万4000マイル

となっている。

ファーストクラスはサービスの対象外で、PLUS導入に伴い、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスについては、キャンセル待ちや予約の変更ができなくなる

旅程を変更する場合は、予約済みの特典航空券を取り消し、払い戻したうえで、新たに希望の旅程で予約すればよい。払戻手数料は3100円(税込み)。

予約は4日前→前日までに延長


IMG_8783

JALは10月4日から、国内線の特典航空券の新規予約、変更の申し込みを搭乗前日までに延長する。現在は、搭乗4日前までだった。これにより、予約できるチャンスが広がる。搭乗日当日に予約便より早い出発便に空席がある場合はこれまで通り、チェックインカウンターで変更手続きができる。

日本発の特典航空券は激戦だ。繁忙期など、マイルを足してでも確保したいと考える人には朗報といえる。JALにとっては「どこかにマイル」に続く挑戦。ただし、いささか必要な追加マイル数が多い気がする。

▪️関連記事: