デビューの翌月に早くも2路線目を開設する。

ベトナム最大のLCC(格安航空会社)ベトジェットエア(Vietjet Air)が12月14日から、関空—ホーチミン線に1日1便で乗り入れる

IMG_8807

ベトジェットエア は11月8日に関空—ハノイ線を1日1便で日本デビューを飾る予定。勢いそのままに攻め込む。

運航スケジュールは次の通り。
▪️関空→ホーチミン
便名:VJ829
運航日:毎日(09:30発 13:30着)

▪️ホーチミン→関空
便名:VJ828
運航日:毎日(01:40発 08:30着)

機材は、180席のエアバスA320型機か、230席のエアバスA321型機となる。座席はいずれもエコノミークラスのみ。

新路線の開設を記念し、今月31日から「Free up your summer with Vietjet」と題したセールを公式サイトで実施する。正午から午後2時まで0ドルからチケットを売り出す

ベトナム航空を追撃へ。日本でも旋風を巻き起こせるかは、関空の2路線の利用次第だ。