米軍機がパンクし、滑走路が一時閉鎖される事態になった。

1日午後3時50分ごろ、岩国空港(山口県岩国市)に降り立った米軍の早期警戒機「E-2D」のタイヤが破裂し、立ち往生した。

FullSizeRender

IMG_9766

滑走路は約2時間半にわたって閉鎖し、ANA(全日本空輸)は午後5時半発の羽田行きNH638便を欠航。那覇発岩国行きのNH1268便は目的地を広島空港に切り替えた

岩国空港は米軍岩国基地と民間航空会社が共用している。着陸予定だった米軍のF/A-18戦闘攻撃機4機も福岡県の航空自衛隊築城基地に降り立った。

先日は、航空自衛隊の早期警戒機「E-2C」が那覇空港で立ち往生した。着陸時のパンクは他空港でも頻発している。滑走路が1つの空港ほど、多方面に影響が出る。

▪️関連記事: