ホテル・旅館の宿泊予約サイト「yoyaQ.com(ヨヤキュードットコム)」が28日正午をもって予約受付を終了する。2001年(現体制は2004年)にスタートして17年。今では当たり前になった「当日宿泊割引」を世に広めた老舗サイトだったが、競合が増えるなか、継続を断念した。

FullSizeRender

yoyaQ.comは、価格.com、食べログで知られるカカクコムが運営する。直前のキャンセルや特別な理由により、割安で宿泊できるプランを多くそろえているのが特徴。

FullSizeRender

直前割引シークレットセール」と銘打ち、宿泊1週間前から当日深夜までの予約で宿泊料金が最大8割引になる特別料金プランをはじめ、人気ホテルの宿泊割引クーポンを配布するなど、独自のサービスも展開し、昨年3月に会員数が 70万人を突破した。

もともとは2001年5月にエス・ワイ・エスという企業が、高級ホテルの当日の空室情報を提供するサイトとしてサービスを開始。2004年10月にカカクコムが事業を引き継ぎ、ホテル予約サイトへと進化させた。

宿泊予約受付は28日正午までで、Tポイントとの連携も同時刻をもって終了する宿泊は来年1月31日のチェックアウトまで有効。これまでに予約した宿泊分は、予定通り利用できる。サイトに関する問い合わせは、専用フォームで受け付ける。

新勢力が次々と参入し、宿泊のみならず、航空券や新幹線のチケットと一体的に扱うサイトが定番化。yoyaQ.comは会員数の伸びが緩やかで埋没気味だった。移り変わりの激しいネットサービス。老舗サイトであっても、ある程度の規模、成長力がないと厳しくなった。

▪️関連記事: