関空の次はいよいよ成田に上陸する。

ベトナム最大のLCC(格安航空会社)ベトジェットエア (Vietjet Air)が来年1月11日から、成田—ハノイ線に乗り入れる。11月8日の関空—ハノイ線、12月14日の関空—ホーチミン線に続く日本3路線目の開設。実に3カ月連続の就航と急ピッチで路線を広げる。

IMG_1542

成田—ハノイ線はエアバスA321型機で毎日1便運航する。通常価格は片道1万円(諸税、燃油サーチャージ別)から。運航スケジュールは以下の通り。

▪️成田→ハノイ
便名:VJ931
運航日:毎日(09:30発 14:00着)

▪️ハノイ→成田
便名:VJ932
運航日:毎日(00:55発 08:00着)

IMG_1545

新規就航を記念し、ベトジェットエアは22〜24日、正午から午後2時(日本時間の午後2時から午後4時)の「ゴールデンアワー」に、ホームページまたはフェイスブックを通じて、計250万枚の航空券を0ベトナムドン(諸税、燃油サーチャージ別)で売り出す。

成田線だけでなく、関空、ソウル、釜山、大邱、香港、台北(桃園)、高雄、台中、台南、シンガポール、バンコク、プーケット、チェンマイ、クアラルンプール、ヤンゴン、プノンペン、シェムリアップ線とベトナムの全国内線が対象。搭乗期間は9月5日(成田、関空発着便は就航日以降)から来年6月30日までで、VISA、マスターカード、アメックス、JCB、KCP、UNIONの各クレジットカードが決済に使える。

ベトナムで急成長したベトジェットエア。日本市場へ攻め込むスピードも早い。しばらくは、台風の目になりそうだ。

▪️関連記事: