IMG_2287

キリンビールの横浜工場は、現在の神奈川・生麦に移転して91周年を迎え、最新の映像設備を導入するなど、見て、触れて、味わいながら、五感でビールづくりをリアルに体感できる広報施設へと昨年10月1日に大幅にリニューアルした。

サントリー、エビスビール、アサヒビールの3社の工場見学にはかつて行ったことがあった妻であったが、こちらにはまだリュニューアル後に行ったことがなかったので今回、友人と共にビール工場見学に行くことにした。(といえどリニューアル後3ヶ月たったくらいに行った写真なので今と少し違う部分があることはご了承いただきたい。そしてうろおぼえ感がある。)

こちらの施設は人気なので土日に行く場合は予約しておかなければ入れないことが多いので、早めに予約しておこう。

スクリーンショット 2018-09-10 19.48.48

公式HPから・・・

スクリーンショット 2018-09-10 19.50.40

赤色のご予約・お問い合わせをクリック。

スクリーンショット 2018-09-10 19.51.58
(9月11日現在の予約状況)

行きたい日程を選択し、クリックする。画像のピンクは満席、青色は空席、黄色は日にちが近いので電話で問い合わせとなる。ちなみに私も前日に電話で予約したところ、平日だったのでたまたま予約が取れた。10名様以上のグループやお一人様参加の場合は電話のみの受付となるので注意が必要だ。
先ほどのページにも紹介があったが、ツアーの開催時間は、
10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時で所要時間は試飲時間含め、各回約80分間だ。

IMG_8344

工場の外観。とにかくでかい。引いても全部収まらないw

スクリーンショット 2018-09-10 19.40.15

場所は京急本線生麦駅から徒歩15分または新子安駅17分だ。
どちらの駅からも10分以上歩くので、体力に自信の無い人はタクシーを使うのがいいかも。他社(サントリーの武蔵野工場や白州工場、熊本工場など)はシャトルバスが出ているがこちらはないので注意。

IMG_2218

入り口に入り右側にカウンターがあるので予約した氏名と人数を伝えると入館証がもらえる。ドライバーがいる場合はここで違う色の名札をさらにもらう。写真は左側。

IMG_2185

ペッパー君が出迎えてくれる。

IMG_2420

もし時間があるひとは、ガイドツアーが始まる前にキリンのネットサイト、MY KIRINに登録しておこう。ツアーの最後におねえさんに申し出ると、トロピカーナが一本もらえる。



IMG_1646

こちらは「MYカートン」を無料で作ることができるコーナーだ。

IMG_4673

カートンとは、24缶で売られている際に使われているダンボールのことだ。



IMG_6403

作り方はいたって簡単。こちらの用紙を先ほどのプリンターにセットし、スタートボタンを押してポーズをきめて撮影する。印刷含め、1分もかからずにできあがる。家族や友人などで撮影すれば記念の1枚になる。

IMG_5017

こちらはビールのことを学べるコーナーだ。ツアーに申し込んでいなくても自由に見ることができる。

IMG_1611

様々な麦芽の種類が試験管に入っていた。

IMG_7137

ツアーではこちらの流れで見学する。

IMG_4674

海外からの観光客も目立った。自分が参加したツアーでは韓国、中国、インドネシア、アメリカからの客が参加していた。

IMG_4676

こちらのコーナーではホップと麦芽がどのようなものか匂いをかいだり、口に含んだり、触って学ぶことができる。

IMG_4678

IMG_4681

麦芽は米粒くらいの大きさ。

IMG_4680

IMG_4682

ホップは軽く触っただけで、

IMG_4683

ほろほろと葉がおちてしまう。

IMG_4684

実際に稼働している麦汁濾過機や糖化釜のタンクを間近で見ることができる。

IMG_4687

IMG_7202 3

説明の際、ライトが当たってプロジェクションマッピングのように絵が動く。

IMG_4695


IMG_8255

こちらは酵母について学ぶ部屋。

IMG_7312

参加者の前にある巨大なパネルに各参加者が手をかざすと、パックマンみたいなかわいらしい酵母があらわれ、

IMG_7441

パクパクと麦芽の糖分を食べ、アルコールと二酸化炭素を生み出している。
それにしてもいろんな国の言葉でつぶやいているのがいいねぇ。

IMG_9124 2

続いてこちらは一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の試飲をすることができるコーナー。毎回必ずいただけるわけではではないが、日によって試飲できるようだ。

IMG_6282

あまりおいしいものではなかったが貴重な機会かもw

IMG_4718

IMG_2142

この日は工場が稼働をしていなかったので動きのあるものが撮れなかった。

IMG_7818

さてお待ちかね、試飲コーナーで今日試飲できる商品が表示される。

IMG_7532

ノンアルはこちら。個人的には小岩井のりんごジュースが一番だな〜。



IMG_9166

広い試飲会場とお土産コーナーのあるフロアへ移動。

IMG_9915

コースターが置かれている席につく。試飲は20分間でノンアル含め1人3杯までという注意事項の説明があり、いよいよおまちかねの試飲タイムに。よ、待ってました!

IMG_3087

さてどれから飲もうかな〜。

IMG_4210

と思ったらまずは新・一番搾りからどうぞ!と言われたのでそれなら・・・と思って取りに行く。

IMG_2422

「一番搾り生ビール」かんぱーい!!

IMG_1598

おつまみも1個おまけでいただけるので早速いただこう。う、うまいー。やはりタップから入れているビールは美味しい。

IMG_6338

ほぼ間髪入れずに2杯目。横浜づくりをいただく。友人と二人、いいペースで飲む。

IMG_2567

最後に黒生もいただく。サッポロの黒ビールはたまに飲むが、一番搾りのは初めてかもしれない。意外にも飲みやすかった。

IMG_7626 2

友人と飲んでいると、ツアーを担当したおねえさんが回ってきて感想などを聞かれた。
そのあとこちらのPOPをちょっと勧められたので、「まあ酒のつまみ程度に答えようか、自分は迷わず○賞だ!」なんて友人と話しながら回答した。まさかあたるわけないよなーとおもいながらだめもとでやってみた・・・。

IMG_2099

なんと、さらにおまけで12月だったので「メリークリスマスだようまい棒」とかいう謎の味のうまい棒をいただいた。隣にいた外国人は喜んで速攻で食べていたw



IMG_8307

エントランスで登録しておいたのでトロピカーナをいただく。やった♪

IMG_2431

それぞれ1/3くらい残して・・・

IMG_2583

ジャーッ。こんな機会でしかできなさそうなミックス飲みもやってみる。

IMG_4367

たった20分たらずでしたが、友人と二人、ぜんぶ飲み切りました。

IMG_3564

ミニチュアケースつきのビール2缶セットや、

IMG_0301

3缶飲み比べセットも売られている。

IMG_3109

ほかにもビールを使ったゼリーチョコレートのお菓子だったり、

IMG_4672

文房具では一番搾りシャープペンなどもあった。

IMG_2579

工場見学を終えて建物から数歩歩いたところには、「スプリングバレーブルワリー」というクラフトビールが楽しめる酒場がある。ご存知のかたもいるだろうが、東京・代官山の店の姉妹店だ。

IMG_4718 2

フードメニューはランチやディナーなど時間帯によって異なるが、旬の食材をつかった多彩な料理で前菜からデザートまで SPRING VALLEY BREWERYのビールとのペアリングを楽しむことができる。

IMG_1367

ちなみにメニューはこんなかんじ。




【後日談】

IMG_6350

自宅に帰るとある日不在通知が。何だろう?と思ったら、先日アンケートに答えたものが当選したらしい。

IMG_7480

当選者は12名だけだったのでかなり嬉しかった。具体的にツアーの良かった点を書いたのが功を奏したのかもしれない。あるいは外国人観光客も多いから意外と穴場?とおもってみたり。最近国産のウイスキーが人気なので高値で取引されていたのでまさか当たるとは思わなかった。「KIRINありがとう!」そのお礼と言っては何だが、後日御殿場工場に行ったのだがそちらのルポは気が向いたら書こうw