エジプト航空(EgyptAir)は12月6日から、成田—カイロ線を週1便から週2便に増便する。

IMG_5363

成田—カイロ線は日本とエジプトを結ぶ唯一の直行便。エジプト航空は、治安の悪化などを理由に長期運休した後、昨年10月30日、実に4年3カ月ぶりにこの路線を再開した。

現在はカイロ発が土曜便、成田発が日曜便。これにカイロ発木曜便、成田発金曜便を加える。機材は現在と同じく、346席のボーイング777-300ER型機(ビジネスクラス49席、エコノミークラス297席)で乗り入れる。成田発の初便は12月7日となる。

増便後のスケジュールは次の通り(赤字が増便分)。
▪️成田→カイロ
便名:MS965
運航日:金曜(20:55発 翌04:00着)
運航日:日曜(21:20発 翌04:30着)

▪️カイロ→成田
便名:MS964
運航日:木曜(23:40発 翌18:25着)
運航日:土曜(23:40発 翌18:30着)

週1便だと心許ないが、2便あれば、予定も組みやすくなる。歴史ロマンが詰まったエジプトへ、機内から冒険心をかきたてられるフライトとなる。

▪️関連記事: