中部(セントレア)—新千歳線を1日3便運航するエアアジア・ジャパンが「北海道応援キャンペーン」を始めた。最大震度7を観測した北海道胆振東部地震を受け、1席当たり600円を寄付する。

IMG_6906

中部—新千歳線を割引運賃で提供する他、運賃のうち1席当たり300円を北海道庁へ寄付し、エアアジア・ジャパンからも販売数に応じて1席当たり300円を出す。つまり、1席当たり600円を寄付する。

キャンペーンは9月28日正午から10月7日午後11時59分まで。搭乗期間は10月1日〜12月20日で、キャンペーン運賃は会員向け3280円、一般価格3430円(消費税、空港施設使用料を含む)。

寄付する日時、寄付総額は、10月中をめどに公表する。エアアジア・ジャパンは「これからの観光シーズンに、一人でも多くのお客様にエアアジアのフライトで北海道へ足を運んでいただき、観光や余暇を楽しんでいただければと思います。エアアジアのフライトが、北海道を元気にできる一助になれば幸いです」とコメントした。

北海道の地震を受け、エアライン各社がさまざまな支援策を発表している。力を合わせ、1日も早い復旧へとつなげたい。

▪️関連記事:

※被害から復旧への流れ