ANA(全日本空輸)が10月上旬から羽田空港の駐機場で、航空機の移動、牽引に新技術を活用する実証実験を始めた。

ANA

退役したボーイング737-500型機(写真上)を整備訓練専用機として再活用し、リモコン操作で格納庫と駐機場所の間を往復する。作業負荷の軽減に加え、教育訓練に要する期間を短縮する狙いがあり、空港の働き方改革につなげたい考えだ。

ANAは現在、航空機を引っ張るため、牽引車両を使っている。実証実験では運転席がなく、リモコン式の操縦で航空機を移動、牽引できるドイツmototok社の「Spacer8600」(写真下)を使う。

IMG_7114

遠隔操作できるため、従来の牽引車両と比べて広い視野を確保でき、車輪の向きなどを間近で確認できる。バッテリーで駆動するため、二酸化炭素削減にも貢献でき、メンテナンスや燃料コストの低減も期待できるという。

20年までに導入

ANAグループは、新技術の活用を通じて空港の地上支援業務を、シンプルにスマートにすることを目指している。

今回の実証実験は、その取り組みの一環で、機器の性能や安全性・操作性だけでなく、教育訓練の効率化についても検証する。実験結果をベースに2020年までに「Spacer8600」を導入し、大型機も移動、牽引業務できるように調査、研究を続ける予定だ。

ANAは退役した737-500型機をこの7月から整備訓練用に転用したばかり。新技術の検証にも使われることになった。有効性が認められれば、空港の地上業務が格段にスマートになる。

■関連記事:
退役した大型ジェット機が整備訓練の舞台に!ANAが7月から再活用」(2018年5月11日公開)