百科事典を分冊売りするデアゴスティーニ・ジャパンが、JAL(日本航空)のモデルプレーン付きのシリーズ「隔週刊 JAL 旅客機 コレクション」を創刊した。

jal

戦後初の航空会社として設立されたJALの歴代名機が、400分の1サイズのダイキャストモデルで揃う類例がないコレクションとなる。毎号1機、全80号におよび、JALが製作協力。時代を象徴するペイントやエンジンなど、細部まで忠実に再現した。

JALグループのジェイエアや北海道エアシステム(HAC)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアーコミューター(RAC)などの人気機種も網羅。現在は手に入らない特別塗装もコレクションできる。

マガジンでは、各機の内部をスケルトンイラストで解説し、各部位の特徴やメカニズムの解説、知られざる開発ストーリーまで収載。大判グラビアまで多角的に楽しめる。 さらに、JALの創業当時から現在までのサービスの変遷、現場で働く人々の活躍などを紹介。全号を集めると、JALと歴代航空機のあらゆる情報がコンプリートできるようになっている。

ドリームライナー→ジャンボ→レインボーセブン

価格は2980円で、創刊号は特別価格の990円。創刊号は10月2日発売で「ドリームライナー」ことボーイング787-9型機を、第2号は10月16日発売で「ジャンボジェット」ことボーイング747-100型機を、第3号は10月30日発売で鮮やかな虹色のリボンをまとったJAS(日本エアシステム)のフラッグシップモデル「レインボーセブン」ことボーイング777-200型機をそれぞれフューチャーする。特製バインダーも近日発売する。

jal_present

創刊号から15号まで定期購読すれば、空港の滑走路を再現したジオラママットをプレゼントする。創刊号はともかく、全部集めるとなると相当な額になる。しかし、JALファンにとってはたまらない保存版となることは間違いない。

【2018/10/09追記】

FullSizeRender

この旅客機コレクションは現状、静岡県限定の先行販売商品となっている。ウェブで定期購入しようにも、上記の通り、静岡以外の地域の方は購入できない。全国販売が待たれる。
(※情報提供いただき、ありがとうございました。)