カナダで17日から、嗜好品としての大麻(マリファナ)使用が合法化される。Cannabis Act」が発効し、30グラムまでの所有と1世帯4本までの栽培が認められるのだ。

カナダでは2001年に医師の処方箋に基づく医療用大麻の所持・使用が解禁され、今回、ウルグアイに続き、国の全土で嗜好用大麻が解禁される。これにより、空のルールも大きく変わる。

IMG_7203

エア・カナダ(Air Canada)は17日からカナダ国内線への大麻の機内持ち込みを認める。持ち込めるのは、法定量の30グラムまでで、機内荷物や預け入れ荷物に入れられる。

国境を超えれば違法

しかし、機内での吸引はできず、大麻が禁止されている国には持ち込めない。そのため、エア・カナダは「大麻を所持したまま国境を越えて海外に旅行することは違法となる」として注意を呼びかけている。大麻所持を理由に入国を拒否された場合、帰国便の費用支払いなどの責任は、所持していた本人が負うことになる。

また、カナダ国内線であっても、不測の状況により、大麻所持が違法な米国空港へのルート変更が必要になる場合があり、その場合は米国法に則り、罪に問われる。

カナダでは医療用大麻が認められていることから、既に大麻が広く流通している。米国でもカリフォルニアなど、9つの州単位で嗜好用大麻が合法化されている。

カナダでは一歩進めて国公認で製造や販売ルートを整備することで税収を得る一方、闇取引を禁じて無法地帯となるのを防ぐ考えだ。日本人の感覚からすると考えられない規制緩和だが、国が決めたことならば従うしかない。