世界初の民間月面探査を目指すランダー(月着陸船)を、JAL(日本航空)が手がけることが決まった。JALの整備子会社であるJALエンジニアリングが、成田空港のエンジン整備センターで月面探査プログラム「HAKUTO-R」のランダー2機を組み立てる。組み立てたランダーは2020年と21年に月へ打ち上げられる予定で、JALエンジニアリングの整備士が溶接などの組立作業の一部について技術支援する。

jal_hakuto
(HAKUTO-Rのランダー)

JALは昨年、HAKUTO-Rを展開する宇宙スタートアップのispace(東京・港区)と資本業務提携した。20年半ばに月周回軌道から月探査へ、21年半ばに月に着陸して月面探査ローバーで月面探査するというスケジュールを描いている。

jal_hakuto2
(JALエンジニアリングのエンジン整備センター)

JALによると、航空機整備で培ったJALエンジニアリングの技術力や品質管理能力が、宇宙機製造に求められる要件を満たすことから、ランダー組み立てに関わる技術支援を行うことになったという。

jal_hakuto3
(航空機エンジンの溶接作業)

ispaceは月面の資源開発を足がかりに宇宙での生活圏構築を目指しており、JALは宇宙旅行をはじめとする新事業の創出に取り組む。米国の起業家イーロン・マスク氏率いるスペースXが2023年にもZOZOの前澤友作社長を乗せて月へ周回旅行すると発表したばかり。ANA(全日本空輸)も宇宙旅行を力を入れている。宇宙が人類にとって身近になるのはいつになるか。

■関連記事:目標は「宇宙旅行」。20年に月面探査の企業にJALも出資」(2017年12月14日公開)