英国旅行業協会(ABTA)の「トラベルコンベンション」が初めて東京にやってくる。ANA(全日本空輸)とプリンスホテル、国際観光振興機構が連携して誘致。来年10月7〜9日にグランドプリンス新高輪で開催されることが決まった。

IMG_7547

英国旅行業協会は、ロンドンに拠点を置く英国最大の旅行協会。約1200社の旅行会社やツアーオペレーターなどが加盟している。「トラベルコンベンション」は年間最大のイベントで、旅行業界の最新トレンドに加え、政治、経済、IT、消費者動向など幅広いテーマを、著名なスピーカーによるプレゼンテーションやワークショップを通して学ぶ。毎年、英国外の欧州各地で開催されてきたが、初めて東京で開催される。

当日は、マーク・タンザー(Mark Tanzer)CEO(最高経営責任者)をはじめ、協会に加盟する旅行会社や英国メディア、ゲストスピーカーなど、総勢500人が来日する予定だ。

文化季間に突入

日本政府観光局(JNTO)によると、英国から来日した旅行者は昨年、約31万人に達し、欧州で最多を誇る。日本と英国は、2019年9月のラグビーワールドカップ開幕から20年8月の東京五輪にかけての1年間を「日英文化季間2019-20」とすることで合意し、英国で「日本文化季間」、日本で「英国文化季間」を同時開催する。

トラベルコンベンションはまさにその季間に当たり、英国の旅行業界の幹部らに、日本の歴史、伝統文化、食、自然などを体験してもらい、訪日需要の掘り起こしを目指す狙いだ。これから世紀の祭典へと突き進む日本。世界各国と親交を深めるチャンスである。