JAL(日本航空)が成田空港の国際線ラウンジをリニューアルする。本館3階、4階のファーストクラスラウンジ、サクララウンジを一時閉鎖し、19年秋ごろに再オープンする計画だ。

jal_nrt_lounge

リニューアル工事は2段階に分けて実施。第1期工事は11月1日から19年春ごろまでで、本館4階の現ファーストクラス・サクララウンジエリアを閉鎖して工事する。この間、搭乗客は本館3階のファーストクラスラウンジと本館2・3階のサクララウンジ、サテライト側ラウンジ(ファーストクラスラウンジ・サクララウンジ)を使うことになる。

第2期工事は19年春ごろから19年秋ごろにかけて実施し、本館3階の現ファーストクラスラウンジを閉鎖する。この間、搭乗客はリニューアルを終えた本館4階のファーストクラスラウンジと本館2・3階のサクララウンジ、サテライト側ラウンジを利用する。

リニューアルオープン日は、確定次第、JALのホームページで案内する予定だ。成田空港の2020年の東京五輪に合わせ、日本の空の玄関口のアップグレードが進む。

■関連記事:
JAL、ハワイのホノルルに第2サクララウンジ「ハレ」オープン!サーフアートでくつろぎ」(2018年8月18日公開)