北海道の翼AIRDO(エア・ドゥ)とJR北海道が、初めてタイアップした。最大震度7を観測した9月6日の北海道胆振(いぶり)東部地震からの復興を目指して手を携える。

airdo


今回発売するのは、「AIRDO20周年ひがし北海道フリーパス」と「AIRDO20周年きた北海道フリーパス」。AIRDOとJR北海道はともに「元気です 北海道/Welcome! HOKKAIDO, Japan.」キャンペーンに参加しており、AIRDOが12月20日で就航20周年を迎えることも記念し、初のコラボ商品を企画した。

いずれも11月1日発売で、販売期間は来年3月31日まで。JR北海道の特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席がフリーエリア内に限り、乗り降り自由となる。料金は「ひがし北海道フリーパス」が大人1万5500円(子供半額)、「きた北海道フリーパス」は大人1万2500円(子供半額)だ。

airdo_freepass

購入はAIRDOの搭乗日当日に限って購入可能で、搭乗時に手渡される「ご搭乗案内」を以下の場所で提示する必要がある。

ひがし北海道フリーパス
新千歳空港駅(新千歳空港到着便)
旭川駅ツインクルプラザ旭川支店(旭川空港到着便)
帯広駅ツインクルプラザ帯広支店(帯広空港到着便)
釧路駅ツインクルプラザ釧路支店(釧路空港到着便)
北見駅・網走駅(女満別空港到着便)

▼きた北海道フリーパス
新千歳空港駅(新千歳空港到着便)
旭川駅ツインクルプラザ旭川支店(旭川空港到着便)

搭乗期間は、ひがし北海道フリーパスが来年4月5日までの5日間、きた北海道フリーパスが来年4月4日までの4日間。

12歳以上25歳以下の乗客向けに、「AIRDO20周年ひがし北海道フリーパスU25」を1万2000円、「AIRDO20周年きた北海道フリーパスU25」を1万円で発売。購入する際は「ご搭乗案内」の他、年齢確認できる公的証明書(健康保険証、運転免許証)を提示する必要がある(コピー不可)。忘れた場合は購入できない。

旭山動物園が無料、施設特典も

フリーパスでは様々な特典が付いてくる。

旭山動物園の入園券と旭川駅前から旭山動物園までの往復バス乗車券がセットになっている他、旭川空港と旭川駅前(旭川電気軌道・ふらのバス)、帯広空港と帯広駅前(十勝バス)、釧路空港と釧路駅前(阿寒バス)の空港連絡バスが特別価格で利用できる。

また、以下の施設でフリーパスを提示すると、次の特典が受けられる。

IMG_7763

ひがし北海道フリーパス
▼おさんぽカフェ(新得町)
・特製豚丼注文でアイスサービス
・かけそば注文で玉子サービス
▼オーチャードグラス(弟子屈町)
・特製プリン半額(通常200円→100円)
▼シンラ(知床自然ガイドツアー、斜里町)
・アクティビティ申し込みでSHINRAオリジナル粗品プレゼント(申し込み時要申告)
▼オホーツク流氷館(網走市)
・入館料割引(通常大人750円→680円)
▼博物館 網走監獄(網走市)
・入館料割引(通常大人1080円→970円)
▼流氷観光氷砕船(網走市)
・乗船料割引(通常大人3300円→2970円)
▼根室交通(根室市)
・納沙布線往復乗車券(根室駅前バスターミナル〜納沙布岬)または路線バスフリー乗車券(1日または2日間)購入で根室十景ポストカード(2枚1組)プレゼント

きた北海道フリーパス
▼旭川駅立売商会(JR旭川駅構内売店、旭川市)
・弁当購入で紙パック茶プレゼント
▼三浦綾子記念文学館(旭川市)
・入館料割引(通常700円→500円)
▼駅前交流プラザよろーなSHOP(名寄市)
・1000円以上購入で200円割引
▼駅前交流プラザよろーなカフェ(名寄市)
・飲み物1杯サービス
▼名寄ビヤシリスキー場(名寄市)
・リフト1日利用券10%割引
▼ニュー温泉閣ホテル(豊富町)
・入浴料割引通常500円→300円
▼明田鮮魚店(稚内市)
・2000円以上購入で金額に応じて特産品をプレゼント
▼国稀酒造(増毛町)
・購入者におちょこ1個プレゼント

レンタカーも割引、給油不要に

また、台数に限りはあるが、ジェイアール北海道レンタリースのレンタカーが「Sクラス」24時間5000円、「Aクラス」24時間6500円で借りられる。返却時のガソリン給油も不要だ。

対象営業所は、「ひがし北海道フリーパス」が旭川、北見、網走、帯広、釧路、「きた北海道フリーパス」が旭川。25歳以下は「4WD指定無料」「FMトランスミッター無料貸出」「ドライブマッププレゼント」の各特典が付いてくる。レンタカーの予約はこちらから。

その他、フリーパス購入者限定で素敵な商品が当たるプレゼントキャンペーンを実施。詳細は11月1日ごろにオープンする専用サイトで発表する予定だ。

震災からの復興はまだ緒に就いたばかりだ。一連のキャンペーンを通して、北海道は「元気です」と発信し続ける。

■関連記事:

※航空各社は支援に動いている
1席当たり600円を寄付!エアアジア・ジャパンが北海道応援キャンペーン。特別運賃も」(2018年10月2日公開)