JAL(日本航空)が19年春、岡山空港にサクララウンジを新設する。現在は共用ラウンジを使っており、自社ラウンジを構えることで上質なくつろぎの時間を提供する。

岡山空港のサクララウンジは保安検査場通過後の3番搭乗口付近に設ける。現在、JALの上級会員は保安検査場通過前の「一般エリア」(3階送迎デッキ入り口前)にある共用ラウンジ「マスカット」を使うしかなく、出発間際までゆっくり滞在することはできなかった。ライバルのANA(全日本空輸)は、保安検査場通過後の1番搭乗口付近に自社ラウンジを開設しており、JALも追随する。

sakura001

sakura002
(岡山空港のサクララウンジのイメージ)

JALは新千歳、那覇、広島、福岡、鹿児島、小松、松山と国内各地の空港でサクララウンジをリニューアルオープンしてきた。岡山空港のサクララウンジの内装も、他の空港同様、インテリアデザイナーの小坂竜氏がデザインし、「日本のたたずまい」をコンセプトに、日本の素材美を活かしながら現代的なアレンジを施す。手荷物を収納できるスペースも充実させる予定だ。

クレジットカードの会員でも入れる共用ラウンジでは、落ち着いてくつろぐことは難しい。搭乗口近くに航空会社専用のラウンジを設ける流れは歓迎したい。