LCC(格安航空会社)のエアアジアX(AirAsia X)が2019年1月30日、関空ー台北(桃園)線を週4便で開設する。アジア最大のLCCエアアジアグループの長距離路線を担う会社で、関空のエアアジアグループ便はクアラルンプール、バンコク、ホノルルに続き4路線目。国内の空港で最多となる。

airasiax

エアアジアXの関空ー台北(桃園)線は377席のエアバスA330型機(プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365 席)で運航する。スケジュールは以下の通り。

■関空→桃園
便名:D7371
運航日:月・火・水・金曜(22:00発 23:55着) 

■桃園→関空
便名:D7370
運航日:月・火・水・金曜(16:55発 20:45着)

台湾は、海外旅行の定番としてすっかり定着した。日本政府観光局(JNTO)によると、台湾からの訪日客も前年比9.5%増と大きく伸びている。エアアジアXの参入により、関空と台北を結ぶ路線は週134 便に達し、まさに日本国内線並みの運航本数となる。